病院長のごあいさつ

TOPページ > 病院紹介 > 病院長のごあいさつ

勤医協中央病院ホームページへようこそ

安心して住み続けられるまちづくりに協力できる病院をめざして

勤医協中央病院 院長
田村裕昭

 2013年5月の新病院移転を契機に「急性期・救急医療、がん診療、そして専門的医療を柱に連携を推進する病院」「災害時には病院を挙げて地域住民を守る病院」「無差別平等の医療福祉をめざす病院」として努力を続けてきました。札幌市北東部における急性期医療を担う病院として、地域の多くの病院やクリニック、訪問診療や介護を担われている皆様と協力させていただいてます。高齢化が進み、地域包括ケアが必要とされる時代、連携と共同が何よりも大切と考え、「東区医療介護ネットワーク」にも創設時から参加させていただいています。

 また、「北海道がん診療連携指定病院」として、多くの職種が協力して、手術療法、化学療法、放射線治療、緩和ケア医療に取り組んでいますが、総合的ながん医療を必要とする患者さんの拠り所となれる病院をめざしています。チームで取り組む一味違うがん診療が目標です。

 当院は、「無差別・平等の医療と福祉をめざす公益社団法人北海道勤労者医療協会」の「急性期医療を担当する病院」です。医療費の支払いに困って、人知れず我慢をしている方も少なくない今日、第2種社会福祉事業として「無料・低額診療」にも取り組んでいます。医療費でお困りの方は是非ご相談ください。患者さんにまず健康を回復してほしいというのが、わたしたちの願いです。

 「医療連携・患者支援センター」を新設しました。医療機関の皆様はもちろん、患者さん・御家族の方も利用できます。医療や介護に関する「よろず相談」を受け付けるセンターです。是非ご利用ください。安心して住み続けられるまちづくりに貢献したいという思いで開設しました。より一層皆様のお役に立てる病院をめざして、今後とも努力を続けて参ります。引き続きよろしくお願い申し上げます。


2017年5月

勤医協中央病院 院長 田村裕昭