病院長のごあいさつ

TOPページ > 病院紹介 > 院長のごあいさつ

勤医協中央病院ホームページへようこそ

誰もが安心して暮らせるよう 地域の急性期基幹病院としての使命を果たします

勤医協中央病院 院長
鈴木 隆司

重症度や緊急度の高い患者さんに高度医療を提供

 当院が持つ医療機能は「救急・急性期医療」「がん医療」「専門医療」です。安心・納得いただける医療・福祉を進めることを病院の理念としています。
 当院ではERでの救急受け入れとともに、紹介を受ける外来機能を強化し、重症度や緊急度の高い患者さんを対象とした高度医療に力を注いでいきます。
 札幌市北東部を中心とした地域の医療を担いつつ、市内広域や近郊地域においても医療貢献できるよう日々努力を重ねています。地域の病院や診療所、介護を担う方々と連携・協力しながら、「誰もが健康で安心して暮らせるまちづくり」に貢献できる地域の医療機関をめざします。
 当院では、急性期の治療、専門的な診療が終了した患者さんには引き続き、かかりつけの医療機関を紹介させていただいております。医療機能を分担し、それぞれの役割を十分発揮できるよう、地域の医療機関・介護施設とスムーズに連携できるよう努めてまいります。

万が一の時も頼りになる医療機関として

 北海道勤労者医療協会は、無差別・平等の医療と福祉をめざす公益社団法人として「無料・低額診療制度」に取り組んでいます。経済的な問題で受診できず、手遅れになるケースがなくなるよう、この制度を活用していただきたいと思います。まずは、ご相談ください。また、万が一の災害時にも医療を提供し続けられるよう、「災害に強い病院、災害に強いまちづくり」に地域の皆さまと共に取り組んでまいります。
 より一層皆さまのお役に立てる病院をめざし、職員一丸となって尽力いたします。


2021年4月

勤医協中央病院 院長  鈴木 隆司