委員会紹介-医療安全委員会-

TOPページ > 医療関係の皆さまへ > 委員会紹介 > 医療安全委員会

医療安全委員会の紹介

2016年6月

医療安全に関する基本的理念

私たちは患者様に「質の高い医療」を提供したいと願い、日々努力しています。一方、国民の医療の安全に関する関心は高まっており、その見る目は一層厳しいものとなっています。医療事故は一旦生じると、最悪の場合、患者様の生命を危機に陥れ、当事者は大きく傷つき、病院に対する信用も低下します。日本における医療事故紛争は、医療の高度化、高密度化、複雑化および患者様の権利意識の高揚などにより増加傾向です。中央病院においても患者様の安全確保の観点から、医療事故の予防・再発防止を推進することはきわめて重要な取り組みです。私たちの医療安全活動は「人間はエラーを犯すもの」という観点に立ち、事故を起こした個人の責任を追及するのではなく、事故を発生させた安全管理システムの不備や不十分な点に注目し、患者様に信頼される医療サービスの提供と医療の質の向上を求めていく事を医療安全の基本姿勢とします。

また、私たちは、医療を患者様・ご家族との「共同の営み」であると考え、医療者だけでなく患者様・ご家族にも医療過程に参加していただくことを通して、良質で信頼される医療の提供に努めたいと考えます。