看護部-認定看護師の部屋-

TOPページ > 医療関係の皆さまへ > 部門紹介 > 看護部 > 認定看護師の部屋

認定看護師の部屋

皮膚・排泄ケア認定看護師 / 高橋 夏絵

 傷のある方(床ずれ・フットケアなど)や人工肛門・失禁のケアの質の向上のため活動しています。毎週の褥瘡床ずれラウンドやNST栄養サポートチーム回診に参加し、多職種と共同して患者さんを中心としたケアを行っています。

 また院内教育や公開研修を開催しスタッフ教育を行い、エキスパートとして院内認定看護師を養成して各部署の看護師がより質の高いケアが行えるようにしています。

 これからも法人内外の連携先の相談などを受けながら、ケアが継続されるよう援助していきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師 / 大関 亜樹子

 2013年に皮膚・排泄ケア認定看護師を取得しました。

 現在は、外来主任の任務を務めながら、療養指導外来であるストーマ外来、フットケア外来の担当として、良質な看護ケアを提供出来るように努めています。

 院内の活動としては、病棟看護師からのコンサルテーションを受けて、一緒にケアを考えたり、実践を行ったりと横断的に活動をしています。院外の活動としては、看護学校の講師依頼の他、地域の学習会・講師依頼も積極的に行っていきたいと思います。

 当院を退院した後もケアが継続できるように、患者様やご家族の方と一緒に生活状況に合わせたケア内容を提供できるように心がけています。

 入院の患者様はもちろんですが、外来通院する患者様からの褥瘡・フットケア・ストーマケア・失禁(おむつによる皮膚トラブルなど)の相談を受けて支援しています。今後は地域の在宅医療関係者とも連携を強化して、更に退院後も途切れないケアの提供をしていきたいと思います。

緩和ケア認定看護師 / 加藤 真由美

 緩和ケアとは、痛みや不安などがんに伴う様々な苦痛を緩和し、その人らしく療養できるよう支援して、がん患者さんとそのご家族のQOLの向上を目指すケアです。私は2006年に緩和ケア認定看護師を取得し、現在は院内の緩和ケアを必要とする患者様・ご家族が安心して療養できるような様々な活動をしています。週1回の緩和ケア回診は、一般病棟でがん治療を受けながらも治療と並行して緩和ケアが提供できるよう、緩和ケア医師や薬剤師と協働し症状緩和に努めています。

 緩和ケア外来では週4回、医師、ソ-シャルワ-カ-と外来診療を行っています。また、院内の看護師の教育的な役割としては、看護師の相談に対応し、ともにケアの方法を考え、看護師が主体的に実践できるように指導しています。そして緩和ケアの院内・外看護師対象に研修企画、講師を行い、看護の質の向上に努めています。

 当院で、がん医療を受ける患者さまやご家族が安心して治療をうけられるように、ご支援したいと思っています。

緩和ケア認定看護師 / 安藤 留美

 緩和ケアは「全人的に患者を理解し、生活の質を継持・向上すること。その人の価値観を尊重すること」です。病気によって起こる身体的痛みの他にも、社会的役割を果たせなくなる事への苦悩、なぜ自分だけがこのような苦しみを味わうのか、自分自身の存在の意味など、解決が難しい苦しみを抱えた人の、生きていくことを支援していく援助を含みます。

 日々の看護実践の中で、その人がその人らしく在り続ける為に、何ができるか?をいつも問われていると感じます。実際には私たち医療者は何も解決できない事も多いですが、患者様が自分自身を大切な存在であり、生きていて良かったと思える瞬間に少しでも出会えるよう、患者様の側に寄り添いケアをさせて頂いています。緩和ケア認定看護師として、患者様・ご家族への実践的ケアはもちろん病棟スタッフと共にエンドオブライフケアの知識向上に努めて行きます。

感染管理認定看護師 / 木村 理恵

 感染管理の専任者として、患者さんやご家族にとって安全・安心な医療や看護を提供すること、職員にとって安全な職場環境を整えることを目的に活動を行っています。具体的な活動として、医療関連感染サーベイランス(データー収集と対策)、感染管理教育、コンサルテーション(相談業務)、院内ラウンド、感染対策や感染症の情報提供、適切な感染対策実施の確認などを行っています。

 職員一人一人が医療関連感染発生の防止と感染対策の重要性を理解し、組織全体として取り組むことができる感染対策を目指しています。また、院内のみならず、地域全体の感染対策の向上につながるような支援や活動を実施していきたいと考えています。

がん化学療法看護認定看護師 / 岡本 麻子

 2011年がん化学療法看護認定看護師を所得しました。

 がん化学療法を行うに当たっての社会環境・医療情勢も著しく変化してきました。治療内容も変化し、数多くの新しい薬も活躍する時代の中、多くのがんでは生存期間も延長してきています。その中で、私達は、単に化学療法を安全に遂行するだけではなく、化学療法が個々の患者さんの人生にどれだけ貢献できるかを考えることが大切だと思っています。

 がん化学療法を患者・家族様にとって人生、未来をつなぐ手段の一つとなるよう日々、看護の質の向上をめざします。

 患者・家族様にとって重要ながん治療を確実に、安全に行われ、尚且つ、生活の質の向上を目指して維持されるための支援を提供できるよう努力していきます。

 看護師スタッフ一人一人が患者・家族様の生活を支えていく伴走者になれるよう、がん化学療法看護認定看護師として、日々学んでいける環境を作っていきたいと考えています。

救急看護認定看護師 / 岡村 紀子

 救急看護認定看護師としての活動の紹介

 救急看護認定看護師として、救急看護の最新の知識習得と熟練した技術を展開するため、自己研鑽に努め、「迅速で確実な救急看護」を第一に実践しています。

 病院組織内においては、救急看護に関わるスタッフへの指導・相談、院内教育等研修の企画や講師、病院外においても看護学校や他院での講義、学会主催セミナー講師などを行いながら救急看護の質と安全性の向上を目指すことを使命として活動しています。

 ERは緊急度・重症度が高い患者様が多く、救急隊や警察といった他機関との連携・協働も重要不可欠な場です。他機関の方々や医師、スタッフ、コメディカルの方々とのコミュニケーションを大切にし、協調しながら医療の連続性を保ち、患者様・御家族様にとって質の高いよりよい医療の提供ができるよう努めています。

認知症看護認定看護師 / 山上 智子

 認知症の患者様は脳の働きが低下することで新しい事を覚えにくい、場所や時間の感覚が薄れるなど様々な症状により日常生活に支障が出てくるようになります。 特に急性期病院に入院された場合は体調不良や急な環境変化もあり非常に混乱しストレスを生じやすく、全身状態が悪化した時には意識が曇りはじめるなどの症状が出る場合もあります。

 私は認定看護師として患者様の不安をひもといていくと共に生活背景や生きてきた歴史、願いを大切にしながら起こっている現象を多角的に丁寧にアセスメントすることが大切であると考えています。多職種と連携し個別性のあるケアをチームで実践し、認知症の患者様に寄り添い「大事に思っています」という気持ちを伝え続けていきたいと思っています。できる力、隠されてしまっている能力を引き出すような支援によって認知症の患者様、ご家族が地域で安心して生活できることを目指しています。

認知症看護認定看護師 / 木村 せつ子

 この度、勤医協東在宅から出向で来ました木村せつ子です。

 病院での勤務はしばらくぶりで緊張と不安でいっぱいです。患者さま、職員の皆さまと連携し、認知症ケアについて考え、より良いケアを実践していきたいと思います。入院された患者さまが1日も早く在宅に戻ら れ、入院前の日常生活を継続できるようなケアを提供していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします

慢性呼吸器疾患認定看護師  / 大方 葉子

 RST(呼吸ケアサポートチーム)活動を通して、人工呼吸器装着患者の個別性を重視したケア提供やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を始め間質性肺炎、気管支喘息、肺炎といった慢性呼吸器疾患患者とその家族を対象に安定期、増悪期、終末期における酸素療法、人工呼吸療法、呼吸リハビリテーション等の療養支援を行っています。

 慢性呼吸器疾患をもつ患者は、息切れという身体的苦痛など様々な問題と向き合い生活をされています。そうした患者の病気体験や価値観、生活に関心を向け、慢性呼吸器疾患患者が病状の悪化を繰り返すことなく、病気抱えながらも住み慣れた場所でその人らしく生きることを患者家族とともに考えながらセルフケア能力向上の支援を心がけています。

 また、看護スタッフへの実践・指導・相談を通して呼吸器疾患ケアの質向上をめざしていくとともに、多職種間、外来と病棟、地域をつなげ継続した看護ができるよう努力していきたいと考えています。

糖尿病看護認定看護師  / 笹川 恭子

 糖尿病は発病しても痛みやかゆみなどの自覚症状を感じません。しかし糖尿病と診断されると、 食事の制限や運動を行うように指導されます。痛くもかゆくもない病気に対して、そのような生活習慣の改善を強いられるのは大変なものです。

 そのような糖尿病を持つ方々やご家族に対し、糖尿病看護認定看護師がお手伝いをいたします。合併症の発病と進行を防ぐために治療を行い、 生活改善が必要な場合は一緒に考え、糖尿病を持ちながらも自分らしく健康的に過ごせるように患者様に寄り添い、看護を提供していきます。

 糖尿病は年々増加しており、いまや「国民病」と言われています。病院内外の糖尿病ケアに関わる方たちと協力をしながら、 専門的知識と技術を持って支援していきたいと考えています。

手術看護認定看護師  / 本間 一昭

 2016年に手術看護認定看護師を取得しました。

 手術看護認定看護師は、手術あるいは麻酔による侵襲(ストレス)を最小限にし、二次的合併症を予防するために体温・体位管理、手術機材・機器の適切な管理等を行い、 安全に手術が行えるよう実践と指導をしていくこと、また、周術期(術前・術中・術後)における看護の実践、外来や病棟との継続看護を進めるようにしていくことを目標に活動しています。

 手術というと、「怖い」「不安だ」「心配だ」とおっしゃる患者さんが多いと思います。
 その思いを手術室看護師は少しでも軽減できるよう働きかけています。
 そして、外科医、麻酔科、手術室看護師、臨床工学技士、その他医療従事者とともに手術チームとして、患者さんの治療を行っています。
 安全と安心な手術を患者さん・家族の皆さんに提供できるよう看護の質の向上を目指していきたいと考えています。

認定看護管理者 / 須田 倫子

 わたしたちの理念は、「いのちの重みと人権」を何よりも大切にすることです。

 看護管理のエキスパートとして、職員一人ひとりを大切にし、職員の合言葉『チーム中病がいきいきと躍動するような病院』を目指します。また、多様なヘルスニーズを持つ個人や家族や地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供できるように「看護の質向上」「人材育成」「地域・施設内外での看護管理者教育」等に取り組んでいます。

勤医協中央病院 看護部へのご意見・ご感想は こちらからどうぞ
s-kango@kin-ikyo-chuo.jp