看護部-看護技術マニュアル-

TOPページ > 医療関係の皆さまへ > 部門紹介 > 看護部 > 看護技術マニュアル

看護技術マニュアル(2017年度改訂版)

  • 1998年3月作成(北海道勤医協看護委員会編)
  • 2001年3月改訂(北海道勤医協看護委員会編)
  • 2003年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2004年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2005年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2006年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2007年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2008年7月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2009年4月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2010年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2011年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2012年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2014年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2016年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)
  • 2017年3月改訂(勤医協中央病院看護部門改訂)

はじめに

わたしたちの看護技術マニュアル

 北海道勤医協では、1998年3月に全院所の協力で「看護技術マニュアル」を作成しました。それから3年間、各臨床現場で活用し、北海道勤医協看護委員会のもと「2001年改訂版」を発行しました。

 勤医協中央病院では、2001年から2年間改訂版を活用し、原則に基づく安全な技術を提供するよう努めてきました。その中で、看護技術マニュアル以外にも、「勤務の手引き」「検査基準」「その他の看護実践基準」「業務基準」「外科看護基準」等々が存在し、それらは基準としての考え方や、手順書が混在している状況になっていることがわかりました。そこでさらに改定を進め、2003年の看護技術マニュアルは、看護業務基準の中の「看護実践基準」として位置づけ、小項目として「看護に共通する技術」「生活行動援助技術」「安全のための技術」を整理し看護業務基準に収めました。

 看護技術マニュアル2012年度改訂版は、以上の経過を踏まえ看護師業務安全委員会を中心に毎年改定を行い作成されています。今後も大いに臨床で活用していただき、看護の質向上に努めていきます。

勤医協中央病院 看護師業務安全委員会

目次

No
内容 新規・改訂更新日
1
ボディメカニクス
2017年3月改訂
2
緊急時看護手順
2017年3月改訂
2-1 資料:心肺蘇生法の手順(CPR)
2011年3月改訂
2-2-1 .除細動器TEC7531各部の名称
2005年2月作成
2-2-2 除細動器TEC7531簡易取り扱い説明書および注意点
2005年2月作成
2-2-3 TEC7621各部の名称
2010年2月作成
2-2-4 TEC7621取り扱い説明
2010年2月作成
2-2-5 TEC7731各部の名称
2010年2月作成
2-2-6 TEC7731取り扱い説明及び注意点
2010年2月作成
2-2-7 TEC5531各部の名称
2010年2月作成
2-2-8 TEC5531取り扱い説明及び注意点
2010年2月作成
2-2-9 TEC7261,7731,5531でのAEDモード使用方法
2010年2月作成
3
3-1 注射総論
2017年3月改訂
3-2 皮内注射(プリックテスト・ツベルクリン反応テスト)
2017年3月改訂
3-3 皮下注射
2017年3月改訂
3-4 筋肉注射
2017年3月改訂
3-5 静脈内注射
2014年3月改訂
3-6 点滴静脈内注射(翼状針)
2017年3月改訂
3-7 点滴静脈内注射(留置針)
2017年3月改訂
3-8 真空採血の手技
2010年3月改訂
3-9-1 輸液ポンプ・シリンジポンプ全機種共通管理項目
2006年3月作成
3-9-2 テルフュージョン輸液ポンプTE-161SAP操作方法
2005年2月改訂
3-9-3 テルフュージョン輸液ポンプTE-161操作方法
2005年2月改訂
3-10-1 シリンジポンプTE-331S1Nの使用方法
2006年3月改訂
3-10-2 シリンジポンプTE-351の使用方法
2017年3月作成
3-10-3 シリンジポンプTE-361の使用方法
2006年3月作成
3-10-4 シリンジポンプTE-361の使用方法(看護師)
2017年3月作成
3-11-1 抗がん剤暴露予防ガイドライン
2017年3月改訂
3-11-1 抗がん剤暴露予防ガイドライン 資料編
2017年3月改訂
3-11-2 抗がん剤投与の手技
2017年3月改訂
3-資料A 注射安全施行宣言
2010年3月改訂
3-資料B 注射事故防止ご協力掲示
2004年8月改訂
3-資料C 薬剤編:投与方法とそれぞれの特徴について
2014年3月改訂
3-資料D 薬剤編:投与方法の違いによる薬効・取り扱いについて
2014年3月改訂
3-資料E ①抗がん剤の血管外漏出時の処理について
2017年3月改訂
3-資料E ②中病医薬品情報室ニュース
2017年3月改訂
3-資料F 臨床における致命的なリスクのある注射剤リスト
2017年3月改訂
3-資料G-1 抗菌薬投与に関連するショック対策ガイドライン概略
2008年3月改訂
3-資料G-1-① 抗菌薬投与に関連するショック対策ガイドライン
2008年3月改訂
3-資料G-1-② 抗菌薬使用基準及びアナフィラキシー対応基準
2012年3月改訂
3-資料G-1-③ 抗菌薬投与のためのアレルギー問診(チェックリスト)
2008年3月改訂
3-資料G-1-④ 抗菌薬初回静注時の観察チェックシート
2008年3月改訂
3-資料G-2 抗菌薬プリックテスト実施
2010年3月改訂
3-資料H 輸液セットの付け方と固定
2014年3月改訂
3-資料I インスリンラインアップ
2014年3月改訂
3-資料J パクリタキセル・レミケード輸液フィルター使用マニュアル
2017年3月改訂
3-資料 k輸液ラインの選択と生食ロックの手技
2017年3月改訂
3-資料 L薬液血管外漏出について
2014年3月改訂
4
4-1.高カロリー輸液方法
2017年3月改訂
4-2.-1中心静脈ポート(皮下埋め込み型ポート)
2017年3月改訂
4-2.-1中心静脈ポート運用アルゴリズム
2017年3月作成
4-2.-2皮下埋め込み型パワーポートCT造影時の高圧注入手技
2014年3月作成
4-3.在宅中心静脈栄養法(在宅IVH)の管理基準
2017年3月改訂
5
5-1.輸血法
2017年3月改訂
5-1.輸血法-資料
2014年3月改訂
5-2.自己血採血法
2010年3月改訂
6
6-1.与薬
2017年3月改訂
6-2.処方箋の見方・確認方法
2012年3月改訂
6-3.持参薬及び処方薬(麻薬以外)の取り扱い
2012年3月改訂
7
7-1麻薬の取り扱い
2017年3月改訂
7-2.覚せい剤原料の薬剤の取り扱い
2017年2月作成
8
8-1.向精神薬取り扱いの看護
2017年3月改訂
8-2.向精神薬の管理方法・資料
2017年3月改訂
9
硬膜外鎮痛法(持続)と看護
2017年3月改訂
10
呼吸理学療法
2011年3月改訂
11
11-1酸素療法
2017年3月改訂
11-2.酸素ボンベの取り扱い
2012年3月作成
12
12-1.人工呼吸器の管理
2016年3月改訂
12-2.人工呼吸器装着の看護
2017年3月改訂
12-資料A:ベネットタイプチェックリスト(看護師用)
2016年3月改訂
12-資料B:ベネット804操作マニュアル
2016年3月改訂
12-資料F:パルスオキシメーターN550PLUSの使用方法
2016年3月改訂
12-3.NPPVの取り扱い方
2017年3月改訂
12-資料H:NPPV点検表
2017年3月改訂
13
吸入
2017年3月改訂
14
吸引
2017年3月改訂
15
15-1.胸腔穿刺
2014年3月改訂
15-2.低圧持続吸引器メラサキュームMS-007K取り扱いマニュアル
2006年12月作成
15-3.低圧持続吸引器メラサキュームMS008取り扱いマニュアル
2006年12月作成
16
16-1.浣腸とは
2014年3月改訂
16-2.グリセリン浣腸
2017年3月改訂
16-3.高圧浣腸
2017年3月改訂
17
17-1.膀胱留置カテーテル
2016年3月改訂
18
口腔ケア
2016年3月改訂
19
嚥下障害・食事摂取への援助
2017年3月改訂
20
滅菌物の取り扱い
2017年3月改定
21
胃管挿入法とその管理
2017年3月改訂
22
胃瘻造設
2017年3月改訂
22-資料.経腸栄養
2010年3月改訂
23
PTBD挿入患者の看護
2017年3月改訂
24
血液透析におけるバスキュラーアクセス「内シャント・外シャント」管理基準
2017年3月改訂
24-1資料ブラッドアクセスカテーテル操作手順
2017年3月改訂
24-2資料 長期留置カテーテル取扱い
2017年3月改訂
25
CAPD施行患者の夜間緊急受診及び入院時の対応
2017年3月改訂
26
26-1.転倒転落防止手順
2014年3月改訂
26-2.入院時「転倒危険度自己診断」
2014年3月改訂
26-3.転倒転落アセスメント・スコアシート
2010年9月改訂
26-4.転倒・転落発生時対応マニュアル
2014年3月作成
27
27-1.身体抑制基準
2010年8月作成
27-2.緊急やむを得ない身体抑制に関する説明と同意書
2003年6月作成
27-3.身体抑制に関する経過観察チェックリスト
2008年3月作成
27-4.身体抑制方法
2007年3月作成
28
逝去時の対応
2017年3月改訂
資料:霊安室の運用について
2017年3月改訂
29
29-1.緩和ケア看護基準
2017年3月改訂
30
30-1褥瘡管理指針
2016年3月改訂
30-2褥瘡治療マニュアル
2017年3月改訂
30-3褥瘡治療のプロトコール
2016年3月改訂
30-4褥瘡経過評価DESIGN/褥瘡重症度分類用
2010年3月作成
30-5褥瘡管理診療報酬の流れ
2016年3月改訂
31
ストーマ装具交換手順
2016年3月作成
32
32-1フットケア総論
2016年3月作成
32-2フットケア外来足浴基準
2017年3月作成
32-3フットケア外来業務手順 爪切り
2016年3月作成
32-4フットケア外来胼胝・鶏眼処置
2016年3月作成
33
気管切開の管理とその看護
2017年3月改訂
34
34-1気管チューブカフ圧管理
2017年3月改訂
35
Aライン(動脈圧ライン)の管理
2017年3月改訂
36
モニター心電図の取り扱い
2012年3月作成
37
感染管理ベストプラクティス集
2016年3月作成
37-1資料PEEの着脱手順
2016年3月改定
37-2資料PEEの着脱危害リスト
2016年3月改定
37-3資料CVドレッシング交換手順
2016年3月改定
37-4資料CVドレッシング交換危害リスト
2016年3月改定
37-5資料抹消静脈カテーテル留置手順
2016年3月改定
37-6資料抹消静脈カテーテル危害リスト
2016年3月改定
37-7資料翼状針を使用した真空採血管による採血手順
2016年3月改定
37-8資料翼状針を使用した真空採血管による採血危害リスト
2016年3月改定
37-9資料薬剤の調合(ミキシング)手順
2016年3月改定
37-10資料薬剤の調合(ミキシング)危害リスト
2016年3月改定
37-11資料血糖測定手順
2016年3月改定
37-12資料血糖測定危害リスト
2016年3月改定
37-13資料気管内吸引手順
2016年3月改定
37-14資料気管内吸引危害リスト
2016年3月改定
37-15資料口腔・鼻腔吸入手順
2016年3月改定
37-16資料口腔・鼻腔吸入危害リスト
2016年3月改定
37-17資料義歯の手入れ 手順
37-18資料義歯の手入れ 危害リスト
37-19資料膀胱留置カテーテルの挿入手順
2016年3月改定
37-20資料膀胱留置カテーテルの挿入危害リスト
2016年3月改定
37-21資料尿カテーテルからの尿破棄手順
2016年3月改定
37-22資料尿カテーテルからの尿破棄危害リスト
2016年3月改定
37-23資料おむつ交換手順
2016年3月改定
37-24資料おむつ交換危害リスト
2016年3月改定
37-25資料陰部洗浄手順
2016年3月改定
37-26資料陰部洗浄危害リスト
2016年3月改定
37-27資料吐物の処理方法手順
2016年3月改定
37-28資料吐物の処理方法危害リスト
2016年3月改定
37-29資料退院時の病室清掃手順
2016年3月改定
37-30資料退院時の病室清掃危害リスト
2016年3月改定
38
誤嚥・窒息予防手順
2017年3月作成
39
放射線治療とその対応
2017年3月改定
40
40-1認知症ケア手順
2017年3月作成
40-2認知症ケア加算
2017年3月改訂
勤医協中央病院 看護部へのご意見・ご感想は こちらからどうぞ
s-kango@kin-ikyo-chuo.jp