消化器センター

TOPページ > 診療科・センター機能 > 消化器センター

医師体制

2013年5月

センター長
石後岡正弘医師
(専門:消化器外科 弘前大医85年卒)
日本外科学会指導医・専門医、日本食道学会食道科認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
副センター長
森園竜太郎
(専門:消化器内科 旭川医科大学94年卒)
日本内科学会認定内科医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本肝臓病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本消化器病学会専門医

センターの特徴

消化器内科では消化管、肝臓、胆嚢・胆道系、膵臓といった消化器系全般の診察を行っています。当院にて開発、考案された治療手技は、

  1. 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(これは当院で胃の腫瘍性病変に対し内視鏡的切除術として開発したERHSE が日本全国に広まった治療方法です)
  2. 孤立性胃静脈瘤に対する治療手技である バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)(1991 年に当院の肝臓グループにより考案された内視鏡を使わずに血 管造影の手技で治療する方法です)

があり、現在も得意分野としています。

消化器外科では、腹腔鏡による胃癌の手術を1999 年に導入し、これまでに100 例以上を経験しており術後成績も良好です。もちろん通常の開腹外科手術もこれまでに2000 例以上(1982 年以降)の実績があります。食道癌に対しても早くから内視鏡による粘膜切除術を導入しており、多数例を経験しています。また、内視鏡補助下外科手術も1998 年より導入し、これまでに60 例以上の実績があります。下部消化管(大腸肛門外科)は大腸癌を中 心に憩室症、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)や、痔核・裂肛・痔ろうの3大肛門疾患、直腸脱など肛門病に対し積極的に治療を行っています。

新病院での消化器病センターは、消化器内科50 床・消化器外科50 床の合計100 床のワンフロアーで展開します。 内科・外科それぞれの病棟医を有する医師体制でCost Effective な病棟づくりをすすめます。また、効率的診断・ 治療に道を開くセンター構想で、内科・外科の垣根のない連携を目指し、消化器系の諸検査の技術向上と技術開 発研究も推進していきます。

2013年実績

  • 上部消化管検査:5881 件
  • 下部消化管検査:2510 件
  • 肝生検:78 件
  • 腹腔鏡:362件
  • エタノール注入:30 件
  • 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法:22 件
  • TV 検査(TAE:40 件、TAI:35 件)
  • 上部消化管手術:329 件
  • 下部消化管手術:810 件
  • 肝胆膵領域手術:397 件

各種学会施設認定状況

  • 日本内科学会認定医制度における教育病院
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導医施設
  • 日本肝臓学会認定指導施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本大腸肛門病学会認定施設
  • 日本食道学会全国登録認定施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本胸部外科学会認定医関連施設

センター長より一言

消化器センターでは、これまで以上に内科と外科の連携を強化し、患者様の立場に立って合理的な診断と治療を目指しております。急性期疾患の手術を含めた24 時間体制、慢性期疾患や癌治療においては、内視鏡や腹腔鏡 での治療を含めた最先端の治療を提供していきます。