Social Activity

TOPページ > Sosial Activity > 平和のページ

2016年8月 原水爆禁止世界大会 in 広島


2016年原水爆禁止世界大会


今年は当院から、 医師、看護師、検査技師、栄養士、理学療法士、事務など、合計9人が 8/4から8/7まで広島大会に参加しました。




以下、参加者からの報告です。



東区代表団 レポート 8月3日

今日は広島まで移動の1日でした。飛行機が揺れてヒヤリとしましたが無事到着しました。

 



東区代表団 レポート 8月4日 北海道結団式

今日は午前中に北海道の結団式、午後は世界大会の開会式と千羽鶴を記念公園へ届けました。

 

北海道から18ブロック各自が決意・報告を行いました。東区代表団も立派な報告を行いました。


東区代表団 レポート 8月4日(木)

東区代表団 レポート 8月5日(金)

東区代表団 レポート 8月6日(土)



2016年1月 辺野古連帯行動



 2016年1月28日~30日に行われた、第36次辺野古支援・連帯行動に勤医協中央病院から1名の職員が参加しました。


 基地の現状や辺野古の問題、高江のヘリパッドの問題について学び、テント村などで基地移設反対の運動をしている方々のお話を聞きました。 普天間基地や嘉手納基地周辺に行くと、絶え間なく戦闘機やオスプレイがとても大きな音を出しながら飛空していました。 沖縄の人たちはこの爆音を毎日何度も何度も聞いています。オスプレイのような不安定な飛空をする戦闘機が墜落してくるかもしれないという不安も抱えています。 そのような問題を「沖縄のこと」とせず「日本の問題」として一緒に考え、行動していこうというのが、この連帯行動の目標でした。


 また、ひめゆり平和祈念資料館やアブチラガマへ行きました。地上戦が行われた沖縄の歴史を学び、戦争の悲惨さを知ることができました。人の命を扱う医療の場にいる人間だからこそ、人の命を奪う戦争というものがどのようなものなのかを知り、それが恐ろしいものなのだという感覚が必要だと思いました。


被災地 被災地

2015年8月 原水爆禁止世界大会 in 長崎


被災地

被災地

被災地



 広島と長崎に原子爆弾が落とされ70年目、世界中で核兵器をなくす運動がひろがっています。

 2015年原水爆禁止世界大会は被爆70年の節目の年ということで、広島と長崎の両地で開催されました。


 勤医協中央病院では組合支部と合同で院内共闘委員会をつくり、毎年この原水爆禁止世界大会に代表派遣をしています。


 今年は8月7日~9日に長崎へ派遣しました。


 北海道では、被爆者のお話を聞く機会がなかったので、多くのお話を伺ったり、当時の写真を見ることができ、とてもいい経験になりました。


  戦争や原爆の悲劇を二度と繰り返してはいけないと、改めて感じました。



札幌東区代表団 事務局長





2014年の取り組み